マクロビオティックしましょ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

あせもの体質~タルタルとパンパン~

自分の体と話しながら摂取量を調節します。

尿の色や、回数で、体調もわかります。

マクロビオティックでは
女性なら3,4回。
男性なら、それ+1回。

でも、これより1,2回多くても、全然気にする事なんてありません。
デトックス中なら、それ以上出ることもありますしね。


尿の色は薄い黄色ですが、これは女性は、うーん、なかなか観察しにくい★
とりあえず、体調の良い時の色を、覚えておきます。


もし、尿の回数が異常に多い場合は、分量をただ抑えるのではなくて、
腎臓や心臓のチェックをします。

尿の色が濃い場合もを飲めば色が薄まるというものではないので、
寝る時間など、生活をチェックします。


それで、摂取量って、個人の生活がそれぞれで違うので、
スーパーモデルが1日2リットルのを飲んでいるからって、
マネをしたら美しくなるってモンでもないんです。

だから、よく噛んで、ちびちび飲んでも調子が悪いときには、の量を
変えてみるんです。


ちなみに、胃の悪い人は、水を飲むだけでも、随分違うんですって。
西式健康法で云ってました。

スポンサーサイト
20:50 | あせもとマクロビオティック | comments (7) | trackbacks (0) | page top↑

あせも体質~タルタルとパンパン~

◆ あせも

見るからに柔らかそうなヒフは陰性
細胞を引き締めるために、陽性の物でバランスをとります。

見るからに堅そうなヒフは陽性
栄養の摂りすぎに、気を付けて。
   

◆ 理想は、さらさらと輝ける汗!      

あせものテーマも最終日なので、カルークあせも体質の方のお話。
あせも→汗っかき→おデブちゃん

そんな単細胞のわたしの脳みそ── 
     
で、魔女流ですので、
柔らかいおデブちゃんと、堅いおデブちゃん。(まだ、云うか★)


赤ちゃんのように、タルンタルンと柔らかいヒフのあなたは、
もともと貧血ぎみだったり、低血圧だったりしませんか?

ケーキなどの甘いものが大好き。
「なんか、だる~い」って、食事はフルーツジュースや生野菜。

細胞がゆるんで、臓器がバテてます。

細胞をピシッと引き締めるためには、味噌を長期熟成の味噌にするとか
3年以上経っている梅干、体を温める三年番茶などをいただくのが、
体質改善への近道です。
         
わたしは、普段は自然食品の梅干ですが、ここぞという時には、
母の漬けた10年物の梅干です。

細胞の隅々まで、生き返るんですよ。


反対に、パワフルなパンパンとヒフの張ったあなた。
もしかしたら、顔は赤らんで豪快。 仕事もバリバリなタイプ。 
ONのストレスはOFFで解消☆ ……って、あらまぁ。★─

その豪快な食いっぷりに、栄養過剰になっているようです。
動くのだから、栄養は必要です。
でも、余分なんですよ。 ある一定量を越すとね。

ゴミの出る量が多すぎて、ゴミ出しが間に合っていません。
ですから、ゴミを出さない工夫が必要です。

そこで、提案。
どうせ飲みに行くなら、安いものを沢山いただくよりは、良いものを少し。

これが、大人の世界ですってば。 お兄さん。
で、老廃物も少なくて、サラサラの汗なら、体臭だってマイルド。

試してみてね~☆  
20:43 | あせもとマクロビオティック | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

お風呂大好き!~あせもの入浴剤~

◆ お風呂の働き

毛穴は毒素を排出する場所です。
体を洗うのではなく、お湯に浸かる。

新陳代謝も良くなって、ふわっとリラックス。
水のエネルギーも、体全体に染み渡ります。
   
     

◆ お肌スベスベ・桃の葉○○   
   
今週、わたしが【あせも】の話を選んだのは、あなたや、
あなたの小さなお子さん──特に、アトピーさんはあせもになったら
ツライだろうなぁって、思ったからなんです。

で、体質的にやっぱり【あせも】になりやすいのも、アトピーさん。
ですから、少しでも楽になるように、入浴剤のお話。

原液は、シップや塗り薬にもなりますので、赤ちゃんには肌をきれいにして
小まめにお母さんの手でピタピタと、付けてくださいね。


昔から使われている桃。
市販のモノでも、桃のエキス入りが多いのは、1番市民権を得ているからね。
どくだみよりも、響きがウツクシイし……
 

桃の入浴剤──時期がビミョーに、ズレてるけど★
〈材料〉
・花は3月、葉は8~9月に採取して、乾燥したものを使います。
〈作り方〉
・それぞれ25グラムずつ(花がなければ葉で代用)を水600ccに入れて
 40~50分煎じます。
・漉して、その煎じ汁を風呂に入れます。


これだけなの。
これを応用して、栗、ヨモギ、どくだみ、ビワの葉を煎じても、良いようです。

ヨモギを使うのなら5~7月の今のもの。
排気ガスや、犬の散歩道以外の、きれいな所の葉を摘んでくださいね。
乾燥しておけば、保存もできます。


わたしは、庭にビワがあるので、ビワ風呂によく入りました。
この時に使うのは、若い葉よりも、堅い葉や落ちた葉がいいですよ。

1センチ幅に刻んで、同じように煮出します。      
煮出した葉も、洗濯ネットに細かく刻んで湯船にぶら下げて、
ビワの成分を、毛穴からしっかりといただきましょう。

毛穴からの新陳代謝は、大切です。
いくら忙しくても、毎日のお風呂は、おっくうがらずに入ってくださいね。

それから、冬でもパジャマは、毎日取り替えてくださいね~☆
 

そうそう、
煎じたものは湯船の汚れるのが難点。
総合ミネラルを入れたり、自然塩をひとつまみなんてのも、いいですよ。
20:35 | あせもとマクロビオティック | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

水の飲み方

あせもになりやすい人は、水分を調節してくださいねってお話すると、
普段から水分を摂っていない方でも控えちゃうから、
気をつけようね~って、お話。

夏なのですから、汗はたっぷりかいてください。
その為には、水分がでる前に、体に入れなくてはいけません。

以前にも、書いたような気がするのですが、
30分でひと口。
よく噛んで飲むと、が体に吸収しやすくなります。

吸収の良いの場合は、そんなに気にしなくてもいいのですが
の量にとらわれて、カポカポと飲んでいると、胃液を薄める場合もあります。

飲む時間や量にも、気をつけてくださいね。


で、起きぬけのコップ1杯の水の場合は違うの。
これは、体内の雑巾がけのつもりで、一気にゴクゴクっとやってください。

トイレに行く前の──なにもしていない時がいいんですって。
冬は辛いんだけどね。
わたしは冬はズルして、口の中で温めてから、ゆっくり飲みますけど……


水分の調節というのは、飲む量もそうですが
腎臓を元気にして、余分なものは外に出すっていうのも、大切な事なんですよ。
20:28 | マクロビオティック豆知識 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

水分の調節

◆ 腎臓をいたわって

暑くなると、疲れやすくなって、腎臓や心臓に
負担がかかりやすくなります。

むくむようなら、腎臓が疲れています。
水分の代謝がよくなる食事を心がけてください。

     

◆ ひげ根って、食べれます。   
   
日頃の食事で、あせもにならない工夫をしましょうね。

汗の成分──老廃物があせもの原因でもあるのですから、
質の良い老廃物(?)が出るようにします。   
      
水分の摂りすぎに注意するのはもちろん、代謝が良くなくてはいけません。
代謝を高める食材としては、ハトムギ、かぼちゃ、切り干し大根や
ねぎのひげ根などがあります。

ねぎの根は、捨てちゃう方が殆どだと思うのですが、大切な薬です。
ためておいて、かぼちゃと煮たり、アズキと煮たりしていただいてください。

砂糖を入れずに、少量の塩で煮てくださいね。
むくみやすい方は、細胞の水の調節をしてくれます。

ウチでは、いとこ煮(かぼちゃとアズキを煮たもの)にひげ根も一緒に入れたものは
疲れてむくんだ時の定番メニューです。


解毒の為には、腎臓や副腎の働きも良くしましょう。

食材としては、ゴボウ、レンコン、大根、こんにゃく、海藻類に
いつもお話している本物の発酵調味料。

どんな組み合わせで、何種類のおかずができましたか?
パズルのように楽しんで、食事を作ってくださいね。

どうしても、おかずが浮かばない方は、みそ汁で十分です。
食べすぎも、老廃物が余分にでます。

で、家族には「手抜きじゃないの。あなたの為よ。」
のひと言を添えて☆


それから、控えた方がよい食材としては、腎臓を詰まりやすくするもの
──分子の大きな動物性たんぱく質は、特に腎臓に負担をかけます。

たんぱく質自体は、体に入ってアミノ酸になるので、体にとっては必要な
栄養素です。
ただ、それが汗と一緒に出てヒフにくっついたままだと、ヒフの上で腐ります。

ヒスタミンって聞いたことありますか?
かゆみの素ね。
あれも、アミノ酸の一種です。
20:23 | あせもとマクロビオティック | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。